株式会社ビーナス

森 順子さん

ビーナスプラス住之江
管理者
森 順子さん

もっと知りたい

まずは自分が笑顔で取り組む。ご利用者様が楽しく
運動できるよう、スタッフ一丸で工夫しています。

前職で介護予防にも携わっていた私が、ビーナスに入社してまず驚いたのは「こんなに動ける方が利用されるのか」ということ。ビーナスでは手取り足取りの介護ではなく「自分でできることは自分でやっていただく」方針で利用者様をサポートしています。
入社6年目の現在、私は事業所のリーダーとしてスタッフを管理する立場にあります。忙しい日々の中でも心掛けているのは、自分自身が楽しむことです。笑顔で明るくご利用者様と接し、「今日も楽しかった」とお喜びいただくことが、何にも代えがたいやりがいです。
私も一スタッフとして、運動指導や入浴介助などでご利用者様と接しています。若くて元気なスタッフと一致団結して、ご利用者様がどうすれば楽しんでくださるのか、日々頭をひねっています。気分が盛り上がるBGMをかけたり、独自の運動プログラムを作ってみたり。決められたプログラムをこなすだけでなく、こういった創意工夫ができる環境はビーナスで働く魅力だと思います。休日にはクラブ活動を通じて事業所間で交流する機会があり、私はレクリエーション部やフットサル部などに参加しています。また、小学生の頃から続けているバスケットボールを楽しむことも多く、毎日をアクティブに過ごしています。
今後の目標は、入浴介助やコグニサイズ※の方法を他のスタッフに指導するトレーナー部門を確立すること。これは入社以来の目標で、スタッフが成長できる環境を整え、より良いサービス提供へとつなげていきたいです。

  • コグニサイズ…運動と認知課題を組み合わせた、認知症予防を目的とした取り組みの総称。国立長寿医療研究センターが開発した。

資料請求フォーム