株式会社ビーナス

訪問看護ステーション(訪問看護)

安心できる在宅生活のお手伝い。
経験豊富な看護師がケアを行います。

療養生活にサポートが必要な方々に適したサービスです。
看護師や理学療法士・作業療法士が定期的にご自宅を訪問し、健康管理や治療促進のためのさまざまなケアを行います。
地域の医療機関やケアマネージャーさんとも連携を取り、より安心な在宅生活のお手伝いをいたします。お医者様の説明で理解しづらかった箇所や、難しい医療用語などのご説明もしますので、お気軽にご質問・ご相談ください。

どんなサービスが受けられるの?

(サービスの例)

  • 症状の観察とアドバイス
  • 体温・脈拍、血圧測定、異常の早期発見
  • 日常生活の看護
    清潔のケア、食生活のケア、排せつのケア、療養環境の整備、服薬管理
    寝たきり予防のためのケア、コミュニケーションのお手伝い
  • 心のケア
    精神・心理状態のケア、生活リズムの調整、社会生活への復帰援助、事故防止のケア
  • 認知症の看護
    認知症状に対する看護・介護相談、生活リズムの調整、
    コミュニケーションのお手伝い、事故防止のケア
  • 治療促進のためのケア
    病気への看護と療養生活の相談、床ずれ予防、
    医療機器や器具使用者のケア、服薬指導、主治医の指示による処置
  • 医療処置
    在宅酸素療法、自己注射の指導、床ずれ処置・その他創部の処置
    点滴・カテーテル管理(胃ろう・尿留置カテーテル)
  • 介護者のご相談
    介護方法の助言、病気や介護の不安の相談、精神的支援・対応方法の助言
  • ターミナルケア
    終末期を自宅で過ごせるよう支援、在宅看取り

サービスを受けるにはどうすればいいの?

訪問看護は医療保険、介護保険のどちらでサービスを受ける場合も、かかりつけ医の指示書が必要となります。

医療保険で訪問看護を利用する場合

ご利用をご希望の際には、まずかかりつけ医にご相談ください。ビーナス訪問看護ステーションでは、かかりつけ医が交付した「訪問看護指示書」に基づき、必要なサービスを提供します。

介護保険で訪問を利用する場合(要支援、要介護認定が前提です)

「要支援1~2」または「要介護1~5」に該当した方は、ケアマネージャーさんに相談し居宅サービス計画に訪問看護を組み入れてもらいます。

どんな人が利用しているの?

「高齢になっても、自分らしく生き生きと家で暮らしたい」「終末期を住み慣れた自宅で過ごしたい」「できれば自宅で看取ってもらいたい」。そんな思いをもった皆さまにご利用いただいております。

体験してみたい!もっと話を聞きたい!

サービスの詳細が知りたい方は、担当のケアマネージャーさんにご相談いただくか、事業所に直接お問い合わせください。

資料請求フォーム