【イベント報告】「第1回 ビーナス成果事例発表会」を開催いたしました|株式会社ビーナス

ビーナスからのお知らせ

【イベント報告】「第1回 ビーナス成果事例発表会」を開催いたしました

2018年12月2日(日)、大阪リハビリテーション専門学校にて『第1回 ビーナス成果事例発表会』を開催し108名のスタッフが参加しました。

株式会社ビーナスでは、日々の業務を円滑に進めるだけでなく、スタッフ一人ひとりがビジネスパーソンとして&介護人材としてスキルアップしていくために、積極的に研修・勉強会を開催しています。

月1回開催される定期勉強会においては、事業所に通ってくださるご利用者様に、より効果的なサービスを提供できるよう「症例検討会」を実施してきました。

それぞれの事業所では毎日の業務の中で、「自分たちが使いたいと思えるサービス」を目指して日々工夫し、「以前より歩くのが楽になった」「階段を登れるようになった」等、様々な喜びに触れています。

このご利用者様の生の声に触れ、私たちが提供しているサービスについてより深く学ぶために新たに企画されたイベントが、今回の「ビーナス成果事例発表会」です。

 

▼これまでの経緯と審査の流れ

「ビーナス成果事例発表会」の開催に先立ち、それぞれの事業所より「うちの事業所ではこんな改善事例がある!」という成果事例についてエントリーしてもらいました。

事業所リーダーやマネージャー陣による一次選考・二次選考を経て、最終選考に残った6つのチームが、15分間の持ち時間でプレゼンテーションを行います

 

当日の審査は、「審査員による評価」と「参加したスタッフ全員による評価」の2軸から判断され、見事1位に輝いた事業所については、毎年実施される「中期経営計画発表会」において、450名を超えるスタッフに成果事例を紹介することになっています。

 

▼当日の様子

はじめに、社長の安田より開催の挨拶として「ビーナス成果事例発表会」の意義についての確認がありました。

そしていよいよ、各事業所の発表開始!

 

身振り手振りを交え、ときには熱い想いに声を大きくしながら、自分たちの事業所でどのような「喜びの声」が有ったのかを必死にアピールします。

参加していた他の事業所の発表者や聴講スタッフも「すぐに取り入れられることはないか?」と必死に耳を傾けていました。

 

すべての発表が終了した後、即集計された結果が発表されるとともに、大阪リハビリテーション専門学校の越智校長先生、センコーグループホールディングス株式会社の白木常務より総評を頂戴いたしました。

 

より良いサービスを目指して

初めての試みである『第1回 ビーナス成果事例発表会』は、生のご利用者の声に触れる貴重な時間であるとともに、多くの学びを得ることができる機会となりました。

今後も、定期的に開催することが決定しており、「来年こそは自分たちの事業所が1位を取る!」と話しているスタッフもいました。

 

私たちは、運営方針「個人の尊厳を最大限尊重し、自分も利用したい、自分たちの家族も利用させたいサービスを提供する」を達成するために、より良いサービスを目指してスタッフの育成に努めて参ります。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

記事公開日:2018年12月3日
「利用をうながすための説明資料が欲しい」というケアマネージャー様や、「そろそろ介護施設を利用するべきか悩んでいる」というご家族様のお声に応えるため、パンフレットや事業所でお配りしている季刊紙をお送りさせていただきます。

また、施設の見学や一日体験も無料で実施しておりますので、ご希望される方はその旨をお伝えください。

ご不明な点やご質問などなんでもお気軽にお聞きください。ご連絡お待ちしております!