「呼吸トレーニング」で息切れを予防しましょう!|株式会社ビーナス

TOPページへ戻る > ビーナスブログ > おうちトレーニング > 「呼吸トレーニング」で息切れを予防しましょう!
公開:2018/8/15  

ビーナスが年4回、ご利用者様向けに発行している季刊誌『ビーナスレター』の1コーナーに『おうちトレーニング』というものがあります。

このコーナーは「ご自宅でできる簡単な運動を通して筋力や体力の低下を防ぎ、もっと元気に毎日を楽しんでほしい!」との想いから作られました。

 

今回ご紹介する『おうちトレーニング』は、「息切れを防止するための呼吸トレーニング」です。

最近息切れをしやすいと感じている方はおられませんか?

実は、呼吸法をしっかりと知り、行うことで息切れを予防できるんです!!

息切れをおこすと心拍数も上がり、心臓にも負担がかかり楽しい運動が苦しくなりますよね?そうならないためにも、おうちでできる「呼吸トレーニング」をご紹介させていただきます。

 

①膝をたおす(左右各5~10回程度)

仰向けの状態で膝を立てて呼吸を整えます。

息を吐きながら膝を倒します。

息を吸いながら元の位置に戻します。

 

②身体をねじる(左右各5~10回程度)

座った状態で呼吸を整えます。

息を吐きながら身体をねじります。

息を吸いながら身体を元の位置に戻します。

 

③起き上がり編

仰向けの状態で膝を立てて呼吸を整えます。

身体全体を横に向け、息を吐きながら肘をついて上半身を起こします。

起き上がり呼吸を整えます。

 

④立ち上がり編

座った状態で呼吸を整えます。

息を吐きながら身体を軽く前に倒して立ち上がります。

(座る時も息を吐きながら腰をおろします)

 

まとめ

あくまでもただの呼吸なので、力を抜いて楽に行いましょう。毎日練習すると効果的です。

ただし、いきなり長時間のトレーニングをするのは逆効果です。はじめは5~10分くらいから始めましょう!慣れれば自然にできるはずです。

ぜひやってみてください!

「利用をうながすための説明資料が欲しい」というケアマネージャー様や、「そろそろ介護施設を利用するべきか悩んでいる」というご家族様のお声に応えるため、パンフレットや事業所でお配りしている季刊紙をお送りさせていただきます。

また、施設の見学や一日体験も無料で実施しておりますので、ご希望される方はその旨をお伝えください。

ご不明な点やご質問などなんでもお気軽にお聞きください。ご連絡お待ちしております!