株式会社ビーナス

おうちトレーニング

これだけやっとこ運動『下半身のストレッチとももの運動』

公開: 最終更新:

ビーナスが年4回、ご利用者様向けに発行している季刊誌『ビーナスレター』の1コーナーに『おうちトレーニング』というものがあります。

 

2021年度の年間テーマは「これだけやっとこ運動!

新型コロナウイルスの流行の影響で、どうしても日々の運動が少なくなりがちですよね。毎日体を動かす時間を決めて、「ほんの少し」運動する時間を確保しましょう。

 

今回は、『下半身のストレッチとももの運動』についてご紹介させていただきます。

※ももの筋肉は体のなかでもっとも大きな筋肉です。ももを鍛えることで、安定した日常動作につながります。

 

これだけやっとこ!その壱:アキレス腱・もも裏ストレッチ体操

椅子に座って

 

まずは姿勢を正して、片足を伸ばしてかかとを床につけ、膝が伸びるくらいの位置に座ります。

両手はそれぞれの太ももの上に置きます。

つま先を天井に向け、余裕があれば状態を前に傾けましょう。

壁を利用して

まずは姿勢を正して、足幅は肩幅or腰幅くらいで立ちます。

肩の高さで壁に手をつき、腕の長さ分、離れて立ちましょう。

片足を1歩前に出します。

軽く肘を曲げながら壁を押していきましょう。

ポイント

※ストレッチは、痛みを我慢せず気持ちよく、10~15秒間/1~2セットをゆったりと行いましょう。

※自然呼吸を心がけましょう。

 

これだけやっとこ!その弐:ももの筋力トレーニング

ももの運動

姿勢を正して座ります。

両手は椅子の端を持ち、上体を安定させましょう。

片足ずつ膝の曲げ伸ばしをします。

もも・お尻の運動

姿勢を正し、手を椅子や机に添えて立ちます。

お尻を突き出すようにゆっくりと膝を曲げ伸ばししましょう。

※膝を曲げた際、膝がつま先より前に出ないよう注意しましょう。

ポイント

※痛みを我慢しない強さでももやお尻の筋肉に意識を高めて行いましょう!

※8~10回/1~2セット行いましょう。

※まずは「ももの運動」を行い、慣れてきたら「もも・お尻の運動」にチャレンジしてみましょう。

 

まとめ

『ビーナスレター』の『おうちトレーニング』は「ご自宅でできる簡単な運動を通して筋力や体力の低下を防ぎ、もっと元気に毎日を楽しんでほしい!」との想いから作られました。

ご紹介しているストレッチや運動を、ぜひやってみてください。

あなたに合った「ほんの少し」を、時間を決めて行うことを習慣づけて、身体活動量を確保しましょう!

資料請求フォーム

資料請求はこちら