有酸素運動は長時間続けないと効果がでない?途中で休憩したら?|株式会社ビーナス

TOPページへ戻る > ビーナスブログ > 介護予防運動の秘訣 > 有酸素運動は長時間続けないと効果がでない?途中で休憩したら?
公開:2018/1/17  

「ダイエットのために運動をしたい。でもまとまった時間が取れないんだよな……」と悩んでいる人はいませんか?

体脂肪を減らすために効果的な「有酸素運動」。「20分以上の有酸素運動を行うと、脂肪燃焼効果がアップする」という話を聞いたことが有る方は多いでしょう。

では、「20分以上」というのは、まとめて実施しなければならないのでしょうか?

今回は、有酸素運動と時間の関係についてご紹介させていただきます

 

有酸素運動の効果とは?

まず「なぜダイエットに有酸素運動が効果的なのか?」ということについてお話させていただきます。

人間は運動するとき、体内に取り込んだ酸素を使って糖質や脂肪を燃焼させます。

「糖質」の方が瞬間的なエネルギーを得ることができるので、最初は「糖質」の燃焼のほうが多いのですが、運動を継続することによって「脂肪」の燃焼割合が高まっていきます

この「脂肪が燃焼される」というのがダイエットにつながっているわけですね。

 

20分以上連続で有酸素運動をしないとダメ?

まず結論から言うと、ダイエットに必要な脂肪燃焼効果を得るための有酸素運動の最低ラインは「10分程度」と言われています。

しかも、10分の有酸素運動を1日2回に分けて別の時間に行ったとしても、連続で20分運動を行ったのと同様の効果があるとされています。

ですから、まとまった時間の取れない方も1日10分から有酸素運動を行うことで、しっかりとダイエット効果を得ることができるわけですね。

 

重要なのは継続時間より継続日数

有酸素運動における脂肪燃焼効果は、運動終了後もゆっくりと脂肪を燃焼し続けてくれます(およそ数時間)。

つまり、1回に長い時間をかけて有酸素運動を行うよりも、回数を分けて有酸素運動を行う方が、脂肪が燃える時間は長くなるわけです。

なので、週に1回だけ1時間まとめて有酸素運動を行うより、月・水・金など、1日10分以上を週3日に分けて行う方が効果的なんです。

 

まとめ

いきなり長時間の運動をしたり、高い負荷をかけたりするのは、怪我のもとになるので注意してください。

「まずは1日10分を週3日」など、簡単なところから始めて「運動を習慣化すること」が何より重要です。

「そもそも運動が続かないんだよね~」という方は、下記の記事も合わせてご覧ください。

誰でも運動が好きになる!知っておきたい4つのステップ

「利用をうながすための説明資料が欲しい」というケアマネージャー様や、「そろそろ介護施設を利用するべきか悩んでいる」というご家族様のお声に応えるため、パンフレットや事業所でお配りしている季刊紙をお送りさせていただきます。

また、施設の見学や一日体験も無料で実施しておりますので、ご希望される方はその旨をお伝えください。

ご不明な点やご質問などなんでもお気軽にお聞きください。ご連絡お待ちしております!